色々な青汁タイプ

青汁は毎日継続する健康食品として、長い間高い人気を誇っています。

野菜から出来た自然な栄養機能食品であることから、
世代を問わずに健康維持や美容、野菜不足を補う為の栄養補給に役立てられています。

世代を問わない人気という事は、さまざまなライフスタイルの人から需要があります。

例えば、毎日仕事が忙しく、朝早く起きてすぐに会社に行き、
夜は遅くに帰ってすぐに寝てしまうというスタイルの方の場合、
毎日冷凍青汁を自然解凍して飲む時間を作るのは困難でしょう。

このような場合は、サプリメントタイプなどの、どこでも摂取できるような製品を選ぶのが最適でしょう。

上記のように、ライフスタイルを基準にした製品選びは継続摂取の重要なポイントです。

そのため、利用目的やライフスタイルに合わせた製品が次々に開発され、
実に多様な製品の中から選ぶことが出来るようになりました。

ここでは、さまざまな製品タイプのメリットやデメリットについてご紹介いたします。

人気青汁ランキングにつきましては、こちらで紹介しています。

タイプ別メリット・デメリット

【粉末】
多くの人が手軽さから利用しているのが粉末タイプの青汁です。

フリーズドライなどの製法で作られています。

加熱加工の場合は成分が損なわれる可能性がありますので、
加工方法や含まれる栄養素・含有量は確認したほうが良いでしょう。

保存も簡単で、水に溶くだけで飲めます。

外出先にも簡単に持っていけますので、非常に手軽です。

粉末タイプ独特の舌触りが苦手な方もいるかもしれません。

【冷凍】
しぼりたての青汁を冷凍し、必要なときに解凍して飲むタイプです。

一回分ずつ小分けになっており、水や常温で解凍して飲みます。

新鮮で栄養素もほとんどそのまま摂取できますが、
保存場所が必要です。

ご自宅で時間に余裕をもって飲める方向けです。

【濃縮冷凍】
しぼりたてから水分を抜いてパッケージングしたものです。

従来の冷凍タイプよりも省スペース保存が可能で、水を足して飲みます。

【サプリメント】
錠剤などの飲みやすい形状になっており、水で摂取するタイプです。

非常に手軽で、水があればどこでも摂取できます。

青汁の味が苦手な方でも気にせずに栄養補給が可能です。

必要錠数が数十粒になることもあります。

さまざまなタイプの商品がありますが、
・原材料から品質管理まで信頼できる品質であること
・無理なく継続できる価格であること
・無理なく続けられる商品タイプであること
に重点をおいて選ぶことをお勧めします。

健康食品で効果を得るための基本は、『無理なく摂取を続けること』です。

ご自身のライフスタイルに合った商品を見つけて健康・美容に役立ててください。
今売れている青汁商品がこちらで紹介されていますのでご覧ください。


こちらの手軽に偏食を防止の解説も大変参考になります。ぜひご覧ください。

Copyright© 2013 Database of green juice All Rights Reserved.