苦い青汁を飲みやすく

『健康維持に』『病気予防に』『アンチエイジングに』『美容効果に』とたいへん人気の青汁ですが、
原材料には栄養価の高い野菜を厳選して使うことが多いため、時には【飲みにくい】と感じる方も少なくありません。

野菜不足を上手に補い、幅広い効果を得て毎日を健やかに過ごしたいと願っていても、
飲みにくいから…という理由で飲用を止めてしまっては効果を実感することができないでしょう。

なにも手を加えなくても飲みやすい製品はたくさん出ていますが、
実際に購入するまでその商品の味がわからない事もあります。

また、もともと野菜が嫌いな方の場合は、ほんの少しの風味でも『まずい』と感じてしまうかもしれません。

しかし、野菜嫌いで普段から野菜が不足している人にこそ必要なのが青汁です。

『うまい青汁』にする工夫の仕方は数えきれないほどあり、
美味しくする方法を創作しながら摂取を継続するのも良いでしょう。

ミネラル・ビタミン・食物繊維・抗酸化物質など、ヒトに嬉しい栄養素を豊富にふくみ、
尚且つ一日にコップ1~2杯の摂取で手軽に足りない栄養を補給できてしまう優れものです。

毎日続けられるような、自分に合った工夫を探してみましょう。
こちらのサイトにも、青汁の飲み続けられる味や飲みやすさについての解説ページがありました。

風味を和らげるレシピ

青汁のクセや独特の苦みを和らげる定番のレシピをいくつかご紹介致します。

【牛乳に混ぜる】
粉末タイプのものでしたら、コップ一杯の牛乳で溶かして飲みます。

液体タイプでしたら、牛乳を追加して飲みます。

牛乳が苦みをまろやかにして、風味を和らげてくれます。

【ヨーグルトと一緒に】
ヨーグルトに粉末を振り掛けたり、混ぜて抹茶ヨーグルトのようにアレンジして食べましょう。

デザート感覚でさっぱりと食べることができ、朝食にも最適です。

【豆乳に混ぜる】
牛乳と同様に、豆乳に混ぜて飲みます。

風味がまろやかになり、さらに大豆イソフラボンの摂取をすることも出来ます。

【100%ジュースに混ぜる】
グレープフルーツジュースやオレンジジュースなどの果汁100%ジュースと混ぜます。

すっきりと爽やかな風味になり、抵抗なく飲むことが出来ます。

【ホットケーキに混ぜる】
ホットケーキを作る際に、生地に適量を混ぜ込むだけです。

液体タイプであれば、生地の具合をみて牛乳との量を調節しましょう。

ホットケーキの甘みによって苦みが緩和され、青汁をおいしく食べることが出来ます。


以上がおいしく食べる際の定番レシピです。

毎日無理なく続けるために、自分に合った美味しい工夫を見つけてください。

Copyright© 2013 Database of green juice All Rights Reserved.